表示系

向きが変わった写真を直す方法

iPhoneで撮った写真をアップロードすると、勝手に回転して表示される場合があります。

写真の向きが勝手に変わってしまうのは、「EXIF情報」という撮影時の情報が原因です。

デジカメやスマホで撮った写真には、「EXIF情報」(撮影日時、デジカメやスマホの機種、画像の方向などの情報)が入っています。
「EXIF情報」の正式名称は「Exchangeable image file format」写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマットです。

向きが変わった写真を直す解決方法はふたつあります。

・手作業でひとつずつ画像の向きを直す
・まとめて「EXIF情報」を削除する

手作業でひとつずつ画像の向きを直す方法

縦の写真が横になっている場合

まず、投稿ページの写真をクリックし編集を開きます。

そしてオリジナルを編集をクリックし、編集画面から画像を右へ90度回転させます。

回転させて向きが正しくなったら、保存して編集を終える。

更新して、投稿ページの写真の編集は完了です。

まとめて「EXIF情報」を削除する方法

画像の数が多くてひとつずつ作業するのが大変な時は、こちらの方法をおすすめします。

「EXIF情報」を削除してくれるプラグインを導入で解決!

Image Rotation Repairプラグイン
iOS images fixerぷらプラグイン
EWWW Image Optimizerプラグイン

※Jetpackプラグインをインストールしている方は、一旦、Jetpackを停止してから再度有効化してください。
 画像系の機能が動いていると「EXIF情報」の削除ができない場合があります。

--------------------------------------------

ちなみに、iPhoneで写真を撮る場合は・・・ホームボタンが右、ボリュームボタンが下が正しい向きです。
写真を撮る時にiPhoneを正しい向きで撮るようにするか、アプリなどであらかじめ「EXIF情報」を削除するという方法もあります。

その他、「PhotoShop」で写真を加工すると「EXIF情報」が消えるので向きが変わることがなく正常にアップロードができます。

WordPressの不具合調査のことなら

WordPressの不具合調査は弊社におまかせください。


弊社が問題解決のお手伝いをします!


WordPressの不具合、エラーの原因を調査して特定します。


WordPressの不具合調査のご依頼、ご相談はこちらからどうぞ。


その他、ご不明点などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせ内容の確認後、3営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。


お問い合わせをする