表示系

サイトが真っ白で何も表示されない

WordPressのインストールが完了して設定を変更していたらサイトが表示されなくなった、
しばらく正常に表示されていたのにプラグインまたはテーマをインストールしたらサイトが表示されなくなった、
という場合の調査方法です。

通常WordPressはエラーがあっても表示しないモード、いわゆるリリースモード、でインストールされます。業者に委託した場合でも、デバッグモードで作業することもありますが、リリースモードに変更して引き渡されています。
このため、何らかのエラーが発生していると真っ白で何も表示されません。

まずは、どういうエラーが発生しているか確認する必要があります。

エラー内容を確認する

WordPressをインストールしたフォルダにある、wp-config.php というファイルを開くと、以下の記述が見つかります。

WordPressのバージョンによっては、コメント(/** から */まで)が違うかもしれませんが、
define(‘WP_DEBUG’, false);
というのが大事なところです。WP_DEBUGの値をfalseに、つまりデバッグモードをoffにしています。
WP_DEBUGの値をtrueにすれば、デバッグモードがonになります、。

これで、サイトを表示したときに真っ白ではなく、エラーが表示されるようになります。

デバッグモードをonにしても、サイトが真っ白

デバッグモードをonにしても、サイトが真っ白な場合があります。

テーマやプラグインでは、デバッグモードで動作している場合でも一時的にエラー表示をなくすために、PHPの設定display_errorsを変更している場合があり、これが原因です。

このコード以降、再び display_errors が有効になるまでに発生したエラーは表示されません。
問題が発生しているテーマ・プラグインに当たりがついていれば、display_errors を変更するコードがないか確認して、あればコメントアウトします。

Webで見つけたコードを自分で functions.php 等に追加した場合は、display_errors を変更するコードがないか確認してみてください。

エラーを修正する

PHPの構文エラー

functions.php やテーマファイル等を自分で編集してこのエラーが表示された場合は、編集した箇所にタイプミスや括弧が足りない等の誤りがあります。
追加・変更した箇所が正しいか見直してみてください。

その他のエラー

古いテーマやプラグインを使っていると、PHPのバージョンアップによって使えなくなった関数でエラーが出る場合があります。

エラーの内容がNoticeやDeprecatedの場合は、サイトが何も表示されなくなる原因ではありません。

等のように、”error”と入っている箇所が原因です。

ファイル名から、どのテーマ・プラグインが原因か推測できます。プラグインであれば一時的に停止してみて、サイトが表示されるか確認します。

エラーが発生したプラグインを停止してもエラーが出る場合は、他のプラグインが影響してエラーとなっている可能性もあります。その場合は、プラグインを順に停止・有効化して問題のあるプラグインを探っていく事になります。

テーマの場合は、他のテーマに変更して、というのは難しいかもしれませんが、エラーメッセージとテーマ名でWeb検索すれば解決策が見つかるかもしれません。

WordPressの不具合調査のことなら

WordPressの不具合調査は弊社におまかせください。


弊社が問題解決のお手伝いをします!


WordPressの不具合、エラーの原因を調査して特定します。


WordPressの不具合調査のご依頼、ご相談はこちらからどうぞ。


その他、ご不明点などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせ内容の確認後、3営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。


お問い合わせをする